【東京周辺】コスパで選ぶ!トランクルーム比較サイト

総合ランキング

マリンボックス
総合評価★★★★★
キュラーズ
総合評価★★★★☆
ハローストレージ
総合評価★★★★☆

HOME > トランクルームについて > トランクルームを利用するメリット・デメリット

トランクルームを利用するメリット・デメリット

 トランクルームを利用するには様々なメリットとデメリットの双方が共存することになります。まずそれを利用する場合の良いことは当面必要ないけど、捨てられないモノを保管できる点となります。これらの場所で保管することで自宅などのスペースをそれだけ広くすることが可能となります。次はアパートを借りるみたいにいちいち連帯保証人とか敷金や礼金などを必要としないことです。これらの手続きの手間を解消できるために空いてさえいれば、身分証明書と印鑑だけですぐに借りられることになります。3番目は24時間出入り自由なところが多いということです。24時間出入り自由なので夜間でも出し入れ可能となり、時間的には非常に都合がとれやすくなります。深夜帯でもその出し入れのために近隣からクレームが来にくくなります。

 また近頃のトランクルームのメリットは契約内容次第では空調や屋根付きのそれを借りられる場合もあります。こちらは空調や屋根がないタイプよりも割高になります。しかし空調や屋根があるために温度や湿度変化に弱い家電製品などのモノも預けやすくなるし、雨の日でも出し入れがやりやすくなります。また屋内型の場合はホコリなどが侵入しにくいし、監視カメラなども整備率が高い傾向にあります。しかしこれらを利用するにはデメリットも存在することを理解しておかないとなりません。まず1つ目は動植物や食物類の保管ができないこととなります。これは契約内容で決まっていて、生命の安全を保つためなどとなります。もちろん燃料などの保管も同様に安全対策のために禁止されてる場合がほとんどとなります。次はこれらが存在する場所は徒歩移動が容易な駅前などにはほとんど存在しないということです。

 たいていの駅前などは土地の値段が高価なだけでなく、狭い場合が多いのでデカいトランクなどを大量に設置しにくい事情が背景にあります。そのため大概のこれらが運営されている場所は駅から遠い、どこかの幹線道路沿いに存在しています。つまり荷物の出し入れは鉄道やバスなどの公共交通機関はあてにしないでマイカー利用が大前提となります。そのためマイカーがない人などがこれを契約したい場合は、レンタカーなど誰かの車を借りるなどして荷物の出し入れを行う必要に迫られます。なお屋外型の割安なトランクを利用する場合は、近くに防犯カメラが整備されてる確率が少ないこと、屋内型に比べて管理者の巡回把握に限界があることも計算に入れておかねばなりません。また屋内型に比べて屋外型は設置場所次第では埃っぽいし、天気のいい日しか出し入れできないなどの問題も計算しておかねばなりません。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP