【東京周辺】コスパで選ぶ!トランクルーム比較サイト

総合ランキング

マリンボックス
総合評価★★★★★
キュラーズ
総合評価★★★★☆
ハローストレージ
総合評価★★★★☆

HOME > トランクルームについて > トランクルームを上手く活用してコストダウン

トランクルームを上手く活用してコストダウン

トランクルームには、コストダウンに関するメリットがあります。
もしも現時点でのコストがやや高い時には、それを検討してみるのも一法です。
なぜならルームを利用しますと、思った以上にコストを抑えられる事もあるからです。
例えば現在利用中の賃貸物件ですと、毎月の賃料が8万円だとします。
そのコストがかなり高く感じられる事もある訳です。
それで物件を利用している状況を見る限り、保管スペースに多くの場所を取られている事もあります。
その場合、トランクルームを併用してみる手段もあります。
まず現在の物件にある保管物を、全てそのルームに預けます。
それで現在の8万の物件から、5万円の物件に引っ越しをしてみると、トータルで1万円以上は節約できる事も珍しくありません。
そのルームなら、数千円前後で預けられる事も多いからです。
ですからコストが気になる時は、トランクルームを前向きに検討してみると良いでしょう。



トランクルームとその敷金のメリット

倉庫を借りたい時には、初期費用が気になってしまう場合があります。
最初に意外と大きな費用がかかってしまう事も、多々あるからです。
というのも貸し物件の場合は、敷金が採用されているケースが目立ちます。
たいていは賃料の数ヶ月分に設定されていて、かなり重たく感じられる事もある訳です。
賃料が3万円で、敷金が2ヶ月分必要ですと、初期費用は6万円になってしまいます。
もちろん賃料がさらに高くなれば、より多くの初期費用が必要になる訳です。
ところで同じ借りるサービスでも、トランクルームはその初期費用に関するメリットがあります。
というのもルームの場合は、特に敷金などが求められる事はありません。
原則として、敷金などはゼロ円と設定されているからです。
したがって貸倉庫と比較すれば、比較的リーズナブルに借りられるメリットがある訳です。



保険に関するメリットがあるトランクルーム

貸し倉庫という物件は、主に不要な物品を預ける目的で活用される傾向があります。
なぜなら、保険に関するデメリットがあるからです。
その倉庫に物品を預けていたとしても、何か補填が生じる訳ではありません。
何も保険には加入していませんから、倉庫での盗難が発生した時でも、自己責任になってしまう訳です。
したがって倉庫には重要物品を預けるというより、むしろ不要な物品を預けるパターンが目立ちます。
しかしそれでは、少々不便だと感じられる事もあります。
それに対してトランクルームというサービスには、盗難に関する保険が完備されています。
万が一盗まれてしまった時でも、保険がおりる訳です。
また盗難だけでなく、万が一の火災時にも保険が下りるようになっています。
ですから不要な物品というより、むしろ重要な物品をトランクルームに預けている方々が多いです。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP