【東京周辺】コスパで選ぶ!トランクルーム比較サイト

総合ランキング

マリンボックス
総合評価★★★★★
キュラーズ
総合評価★★★★☆
ハローストレージ
総合評価★★★★☆

HOME > トランクルームについて > トランクルームは屋外と屋内のどちらが良いか

トランクルームは屋外と屋内のどちらが良いか

トランクルームは、大きく分ければ2つの種類があります。
屋外もしくは屋内の2種類です。
それら2つは、料金に関する違いがあります。
一般的には、後者の屋内タイプの方が料金は高めになる傾向があります。
なぜなら、それは空調に関するメリットがあるからです。
外で保管するタイプは、たいていはコンテナのタイプになっています。
その中には、特にエアコンが設置されている訳でもありません。
その兼ね合いで、料金は比較的格安に設定されている訳です。
ですからエアコンがなくても特に問題が無い時には、おおむね屋外のプランが推奨されます。
しかし人によっては、できる限り物品は良好な環境で保管したいと望んでいます。
例えば楽器などは、エアコンが完備されている環境でないと、状態が悪くなってしまう事もあります。
ですから保管環境を優先したいなら、屋内タイプがおすすめです。



トランクルームを格安に借りる2つの手段

何かサービスを検討する時には、しばしば料金が重要視されます。
経済的な事情があるので、できるだけ格安にサービスを利用したいというニーズは、とても多いです。
トランクルームも、例外ではありません。
物品を保管したいとは考えるものの、できる限り利用料金を抑えたいというニーズもある訳です。
そして、料金を抑える方法があります。
まず1点目は、そのサービスの地域です。
一般的に預ける時の料金は、都会エリアほど高めになる傾向があります。
それよりは、郊外地域を検討してみるのも一法です。
都会からやや離れたエリアの場合は、全般的に料金もリーズナブルだからです。
それともう一つは、郵送タイプのサービスです。
所定の場所に品物を郵送するだけで預かってくれるトランクルームもあるのですが、それはかなり料金も低めに設定されているからです。



サーフボードなどをトランクルームに預ける

特定のシーズンになりますと、レジャー用品が使われる事もあります。
例えば海水浴のシーズンになれば、浮き輪やサーフボードなどが使われる事はあります。
ところがサーフボードなどの用品は、常に利用するとは限りません。
少なくとも、冬の時期などはそれを使わない事が圧倒的に多いです。
その逆も同様です。
冬の時期になると、スキー用品が使われる事も多々ありますが、やはり夏の時期には使われない傾向があります。
それで季節物の用品は、トランクルームが大変便利です。
例えば夏が終わったら、サーフボードをトランクルームに預けておくやり方もあります。
秋以降は、しばらく使わないからです。
またスキー用品なども、春になったらルームに預けるやり方もある訳です。
ですからレジャーシーズンが終了した後には、トランクルームに預けてみるのも一法です。

次の記事へ

カテゴリ

PAGE TOP